遺産相続


「遺産相続」は、突然やってくる人生の一大事です。バタバタした中で、相続に関する知識もないまま、安易に自ら手続を進めてしまうことは、大変危険です。

そこで、相続が起きてすぐに専門家である弁護士にご相談なさることをお勧めします。
遺産分割における他の相続人との折衝はもちろんのこと、相続人がお一人のみの場合でも、煩雑な手続を弁護士に依頼するメリットは大きいです。
また、相続を「相続問題」としないように、生前にきちんとした遺言書を作成しておくことも極めて重要です。

このようなことについて、今までの経験を基に適切なアドバイスをさせていただきます。
まずは、お気軽にご相談いただき、お悩みをお聞かせください。


◆相談事例

・自分が亡くなったとき、子どもたちが揉めないためにはどうすれば良いか聞きたい。

・遺言を書きたいので、内容についてアドバイスが欲しい。

・親族が亡くなった後の相続手続が煩雑なので、代理人を頼みたい。

・亡くなった親族に多額の借金があり、相続を放棄したい。

・亡くなった親が作成していた遺言の内容に納得がいかない。

・親が亡くなってからかなり時間が経っているが、不動産の名義がそのままなので解決したい。

・亡くなった親の遺産を巡って兄弟の間で調停になっているので、弁護士に代理人を依頼したい。

・親族の墓を誰が管理するかで揉めている。


◆お問い合わせ

お問い合わせはこちら