交通事故


ある日突然、被害者にも加害者にもなり得る可能性があるのが交通事故です。どんなに気をつけていたとしても、そのリスクをゼロにすることはできません。

 

現代では保険が充実しており、「起きてしまった事故」への被害回復が様々な方法で図られています。しかし、死亡事故や後遺障害を伴う人損事故などは、関係者も含めて甚大な被害が生じることが多く、治療その他の手続の中で的確に保険会社と折衝することは、慣れない中では非常に負担になります。

 

交渉の専門家である弁護士へのご相談をぜひご検討ください。


◆相談事例

・交通事故で怪我をして現在治療中だが、今後の流れが分からないので教えて欲しい。

・後遺障害認定で「非該当」とされてしまったが、納得いかない。

・保険会社から賠償額の提示があったが、応じて良いのか判断できないのでアドバイスが欲しい。

・事故の態様や過失割合について、相手方の言い分に納得できない。

・相手方から裁判を起こされたので、弁護士に対応をお願いしたい。


◆お問い合わせ

お問い合わせはこちら